愛媛県・青島(猫島)への旅 ~移動の注意点と旅の行程~

 

前のページへ

青島(猫島)への旅

 

私が青島に訪れたのは、2017年5月8日(月)。
GW明けの平日を狙っていましたので、訪問客はそれほどいないと予想はしていたものの、やはりここはできるだけ先陣を切って、長浜港に着いておきたいもの。

そこで、前日の7日に伊予大洲駅まで移動し、近場の「ホテルオータ」にて1泊して、翌日の始発で伊予長浜へと向かう段取りを組む事に。

aoshima-access02
ホテルオータ。
極一般的なビジネスホテルといったところですが、内装はそこそこ綺麗です。
徒歩5分ほどの場所にコンビニ(セブンイレブン)もありますので、とりあえずは安心できるホテル、と言って良いでしょう。

そして8日当日。
この日は始発の06:05発の列車に乗って行く予定でしたので、その15分ほど前にはホテルを出発。
フロントは締まっていましたが、カギを置いて後にする事に。

aoshima-access03
aoshima-access04
aoshima-access05

伊予大洲駅
前日も終電1本前の列車で降りた為、あまり駅をじっくりと見る事はできませんでしたが、なかなか風情があって良い感じです。

ちなみに、大洲市も愛媛県の観光名所の一つではありますが、今回は寝る為だけに来たようなものなので、ほぼスルー状態。
機会があれば、次はゆっくりと町中を散策してみたいものです。

aoshima-access06
aoshima-access07
列車が到着。
これに乗り込んで、伊予長浜へと向かいます。移動時間は26分。

aoshima-access08
aoshima-access09
06:31、伊予長浜駅に到着。
ローカルな無人駅です。

伊予長浜駅から青島行きの定期船乗り場までは、徒歩で2~3分と、かなり近いです。
駅の目の前をまっすぐ進んでいけば、簡単に辿り着けます。

aoshima-access10
aoshima-access11
aoshima-access12
06:35頃、定期船乗り場へ到着。
ツタに張り巡らされた建物が目印となります。

aoshima-access13
まだ第1便の出港1時間半前でしたが、先客がすでに2人並んでいました。
近くに停車していた車にも2人座っていたので、この時点で計4人が待っていた事になります。
平日にしては多いのか少ないのかは良く分からないところですが、GW最中は、何と午前3~4時にはすでに並んでいたとの事ですから、それを考えると圧倒的に少ない方なのでしょうか。

ちなみに、先客の内、2人は何とスペインからわざわざ訪れたとの事でした。
しかも、パルマ(マヨルカ島)だったか?スペインの離島出身だったそうな。

青島の猫パワー、本当に世界規模なんだな……。

aoshima-access14
そして出港40分ほど前という、結構早い段階で船へと乗り込みます。

aoshima-access15

aoshima-access16
aoshima-access17
船内に入ると、名簿に名前を記入し、そこで運賃を支払います。
運賃は、往復で一人¥1,360 (6歳以上12歳未満は¥680)。現金のみの支払いとなります。

aoshima-access18
この日の1便目の乗船人数は、私を含めて15人未満といったところ。
何だ、別に1時間も並んでまで待つ必要はなかったな。……というのは結果論の可能性が高いですが。

aoshima-access19
aoshima-access20
aoshima-access21
08:00、いよいよ青島へ向けて船は出港します。

aoshima-access22
この日は黄砂の影響もあって、視界はいまいちすっきりとしませんでしたが、晴れ渡った絶好の行楽日和といったところ。

aoshima-access23
aoshima-access24
だんだんと青島が近づいてくるにつれて、気分も高揚してきます。

aoshima-access25
08:35、ついに青島に到着。

aoshima-access26
aoshima-access27
桟橋に降り立つと、早速猫が何匹か近寄ってきます。

aoshima-access28
これから帰りの便の16:15までの7時間40分。
時間は余り過ぎるほどたっぷりとあります。

ゆっくりと島内を散策するも良し、ただひたすら猫たちと戯れるも良し。
しかし、自由時間が多すぎってのもちょっと考え物だな、などとここに来て思う事に。

aoshima-access29
aoshima-access30
aoshima-access31
aoshima-access32
猫に限らず、島内の風景もまた実にのどかで良いものです。
aoshima-access33
aoshima-access34
aoshima-access35

 

aoshima-access104
ちなみに、前回もお伝えしていますが、この青島には、唯一の休憩所もできましたので、あまりに暇であれば、そこで休んでおくのも良いでしょう。

 

aoshima-access105

aoshima-access36
aoshima-access37
そして16:15、長すぎるようであっという間の時間でもあった青島を後にします。

aoshima-access38
さっきまで晴れていたのに、今になって雲が広がってきていました。
しかし、帰り際になっての曇りで良かった。

aoshima-access39
16:50、長浜港へ帰着。
これで青島への旅の行程は、完了となります。

aoshima-access40
aoshima-access41
終わってみれば、長すぎる滞在時間も、非常に楽しい思い出に変わってしまいます。
ある意味苦行とも言えそうな時間であっても、名残惜しい気持ちにさせ、また来てみたいと思わせてくれるのは、それこそやはり猫たちのパワーなのだろうか?

そんな不思議な魅力が溢れる青島。アクセスも決して楽ではないこの島だからこその、辿り着いた時に味わう達成感、かわいらしい猫たちに囲まれる至福のひと時は、まさにここでしか味わう事のできない唯一無二の醍醐味。
世界中から注目が集まるのも納得のこの島。是非とも皆さんにも味わってもらいたいものです。
aoshima-access106

 


   リンク

 

『定期旅客船「あおしま」時刻表及びアクセス』
『お願い事項』 PDFファイル

『青島・島民15人猫100匹以上の島』 Facebook

『民宿漁亭』サイト
『ビジネスホテルやかた』サイト
『ホテルオータ』サイト

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ ←クリックしていただけると大きな励みになります

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

「さぁ行こう」そう思った時が旅の始まり。あなたはどんな旅がしたいですか。
人それぞれ個性があるように、旅もまた千差万別。あなたに合う旅を見つける手助けができるような、そんなサイトを目指して……。
ABOUT

最新記事

ブログ統計情報

  • 1,292,116 PV