馬島 ~福岡県・藍島近くの、もう一つの穴場的猫島~

 

猫島探訪シリーズ第4弾は、福岡県の『馬島(うましま)』。
前回紹介した猫島、『藍島(あいのしま)』の近くに浮かぶ島で、時間帯が合えば、日帰りでこの2島を訪れる事も可能となります。
この馬島も猫島の異名を持つ島ですが、藍島に比べると、ややマニアックな部類に入るでしょうか。
しかし、だからこそ予想に反して穴場的な島ともなっているのです。
今回は、その馬島についての詳細をまとめてみます。

 

福岡県北九州市の離島『馬島(うましま)』。
『藍島(あいのしま)』行きの船が、この馬島を経由していく為、同船にてここへ訪れる事ができます。

umashima-neko01

藍島とは違い、この馬島には売店や自動販売機がありません
乗船前に用意しておくと良いでしょう。

umashima-neko02
ここに訪れる多くの方が釣り目的であり、この島の観光のみを目的とした来訪者は、さほど多くはない模様。
しかしこの馬島、福岡県に点在する猫島の一つでもあります

umashima-neko03
umashima-neko04
福岡県で猫島といえば、『相島』と『藍島』が有名どころな為、この馬島は、比較的マイナーな島となります。
それ故に、休日でも非常に落ち着いた時間を過ごしつつ、猫たちと戯れる事も可能となるのです。

 

umahsima-neko05
桟橋を出て、漁港周辺の集落入口に来ると、早速猫を数匹発見。

umashima-neko06
umashima-neko07
ここに訪れた当初、正直あまり猫の数には期待をしていませんでした。
あまり知られていない島という事もあり、後5~6匹くらい見る事ができれば上出来かな、などと思っていたのです。

 

しかし、それは良い意味での誤算となります。

なぜなら、少し集落の中を進んで行くと……。

 

 

 

umashima-neko08
umashima-neko09
いきなりこの数の猫たちに出くわしたのですから。

umashima-neko10
umashima-neko11
初夏の午後、建物の影で一斉に眠りこける猫たちの集団。

何匹かはあまり人慣れしていないせいか、私が近づくと、そそくさと逃げてしまいましたが、多くの猫は、そのまま眠り続けていました。

umashima-neko12
umashima-neko13
はっきり言って、藍島よりもインパクトがあります。

この日は、日曜日であったにも関わらず、猫目的でここに訪れたのは、私一人のみ。
藍島ではかなり多くの猫目的の方たちがいましたが、この馬島では、私がこの猫たちを独占状態でした。

穴場です。

 

umashima-neko14
中には、どこから入り込んだのか?溝の中にも猫が1匹。

 

●馬島猫ギャラリー●

馬島の猫たちの写真をスライドショー化しました。猫写真をお楽しみください。
(手動での切替えにしています)

 

 

umashima-neko15
umashima-neko16
umashima-neko17
umashima-neko18
この馬島、藍島に比べると小さな島であり、また、島内をまともに散策できる範囲もさほど広くありません。

umashima-neko19
umashima-neko20
umashima-neko21
umashima-neko22
umashima-neko23
しかし、島内の景観は非常にのどか。
ゆったりとした空気が漂う、心地の良い時間を過ごす事が可能です。

umashima-neko24
umashima-neko25
umashima-neko26
こののどかな島の向こうに広がる工業地帯の風景もまた、どこかアンバランスな感じがして、これはこれで良いものです。

 

 

umashima-neko27
集落西側の海に出ると、ここにも1匹の猫が。
岩の上でゆっくりとくつろいでいました。

umashima-neko28
umashima-neko29
この猫は、人馴れしているのか、近づいても逃げようとしませんでした。
撫でたりしても、全く平気な感じです。

まるで台座のごとく佇む岩。それを特等席と言わんばかりに、存分にくつろぐ猫。

それにしても、よくこんな海沿いを1匹で過ごしていたものです。
猫は水を嫌うものですが、そんな猫でも、さざ波の音には安らぎを感じるのだろうか?
単純にここが涼しかった、というだけの事かもしれませんが。

 

 

umashima-neko31
umashima-neko32
単純な猫目的ですと、あまり行動可能な範囲も広くない島である事もあって、飽きてしまうかもしれません。
しかし、のどかな島内の中、ゆっくりと存分に猫を愛でる事が出来るのは、猫好きにはたまらないものではないでしょうか。
藍島に訪れる際、時間が許るようであれば、この馬島に寄ってみるのも良いでしょう。

もしかしたらこの先、この馬島の知名度がもっと上がっていく事もあり得ますので、この独占状態ができるのも、今のうちかもしれません。

umashima-neko30

 

  ◆馬島へのアクセス◆

この馬島へは、藍島へアクセスする場合と同様に、JR小倉駅の北東部にある「北九州市渡船航路」から、船に乗って移動します。
詳細は、藍島の記事を参照ください。

小倉港から、20分ほどでこの馬島に到着します。
藍島からの移動だと、10分ほど。

運賃は、小倉~馬島間で¥280、藍島~馬島間で¥120となっています。(何れも片道運賃)

umashima-neko33
umashima-neko34
ちなみに、藍島から馬島へ、或いは馬島から藍島や小倉港へ向かう場合、船内の券売機にて乗船券を購入します。
船を下りる際に、船員さんに渡します。

 

小倉港から藍島・馬島行きの時刻

・通常期・
月~金:第1便/10:30、第2便/14:30、第3便/17:30
土曜日:第1便/10:30、第2便/14:00、第3便/17:30
日曜日・祝日:第1便/9:00、第2便/15:30、第3便/17:30

・夏季(7月20日~8月10日)・
月~金:第1便/10:30、第2便/14:30、第3便/17:30
土・日・祝日:第1便/8:30、第2便/10:30、第3便/15:30、第4便/17:30

・年始(1月1日~1月4日)・
第1便/10:30、第2便/16:30

 

馬島から藍島行きの時刻

・通常期・
月~金:第1便/10:52、第2便/14:52、第3便/17:52
土曜日:第1便/10:52、第2便/14:22、第3便/17:52
日曜日・祝日:第1便/9:22、第2便/15:52、第3便/17:52

・夏季(7月20日~8月10日)・
月~金:第1便/10:52、第2便/14:52、第3便/17:52
土・日・祝日:第1便/8:52、第2便/10:52、第3便/15:52、第4便/17:52

・年始(1月1日~1月4日)・
第1便/10:52、第2便/16:52

 

馬島から小倉港行きの時刻

・通常期・
月~金:第1便/7:13、第2便/13:43、第3便/15:43
土曜日:第1便/7:13、第2便/13:13、第3便/16:43
日曜日・祝日:第1便/7:13、第2便/14:43、第3便/16:43

・夏季(7月20日~8月10日)・
月~金:第1便/7:13、第2便/13:43、第3便/15:43
土・日・祝日:第1便/7:13、第2便/9:43、第3便/14:43、第4便/16:43

・年始(1月1日~1月4日)・
第1便/9:13、第2便/15:43

所要時間は、馬島まで22分、藍島~馬島間で10分となっています。

 

umashima-neko35

 


リンク

『北九州市/小倉航路』
『藍島(藍ノ島)・九州福岡島めぐり』
『福岡県観光情報/藍島』

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ ←クリックしていただけると大きな励みになります

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。