白い貝殻の道 ~日本最北端の地で見る爽やかな風景~

 

shiroikaigaranomichi01

白い貝殻の道

北海道稚内市の宗谷岬南部に広がる宗谷丘陵(そうやきゅうりょう)にある、絶景ポイントの一つとしても知られている道です。
宗谷岬のすぐ南西側にある「宗谷公園」から近い場所に、この美しい道が通っています。

 

廃棄物を再利用した「人工的な絶景」

 

shiroikaigaranomichi02
名前にもある通り、輝く白さを放つこの道の正体は、道に敷き詰められた無数の貝殻。
これらの貝殻は、稚内の名産物でもある「帆立貝」であり、生産工場の廃棄物となってしまった貝殻を洗浄し、道に撒くことで、この白い貝殻の道が生まれたのです。
ゴミを再利用する事で、一つの絶景をつくり上げてしまったという、まさに奇跡の産物とも言うべき道。
機転を利かせた発想があまりにも素晴らしい、「人工的な絶景」の一つ。

shiroikaigaranomichi03
shiroikaigaranomichi04
坂道を上っていくと宗谷丘陵の雄大な風景が、後ろを振り向くと日本海の広大な海原を一望する事ができ、青空が広がれば爽やかな風が吹き抜け、そこに立っているだけであまりにも心地良い空間が辺りを支配します。

shiroikaigaranomichi05
shiroikaigaranomichi06
本当にどこまでも爽やかな風景が続きます。
風力発電のタービンが立ち並ぶところは、どことなく春の涼しい風を連想させ、海へと続く道は、夏の爽快な記憶を蘇らせる。

 

shiroikaigaranomichi07
shiroikaigaranomichi08
shiroikaigaranomichi09
北海道の最北端に近い場所と思えないような、飲み込まれてしまいそうな雄大な丘陵もまた美しいもの。

 

shiroikaigaranomichi10
shiroikaigaranomichi11
坂道の下側から見ると、白い道が天に向かって伸びて行くようにも見えて面白いものです。

 

shiroikaigaranomichi12
shiroikaigaranomichi13
少し分かり辛い場所に位置しているのもあってか、人の多い宗谷岬と比べて、ここはまだあまり知られていない場所でもあります。
休日の昼下がりであっても、非常に落ち着いた空気が漂う、心安らぐ場所となっています。

ただ、これも今の内かもしれません。
宗谷岬に訪れる機会があれば、是非とも一緒に訪れておきたい場所です。

shiroikaigaranomichi14

 

 

バスでのアクセスも可能

 

 

この白い貝殻の道へは、バスで最寄まで移動する事が可能です。

・バス時刻表はコチラを参照ください。
『天北宗谷岬線バス時刻表』 PDFファイル

 

稚内駅前から出ている「天北宗谷岬線」バスに乗車し、「宗谷」バス停にて下車します。
運賃は片道¥1,110。
※宗谷岬まで乗らない事!
バスを下車したら、まずは「宗谷公園」を目指して歩きます。

shiroikaigaranomichi15
shiroikaigaranomichi16
「宗谷公園」という案内板が出ていますので、それを目印にすると良いでしょう。

↑「宗谷」停留所から白い貝殻の道までの徒歩でのルート↑

 

shiroikaigaranomiichi17

shiroikaigaranomichi18
shiroikaigaranomichi19
宗谷公園の近くまで来ると、右手に「津軽・会津・秋田藩陣屋之跡」という看板が、正面に「宗谷丘陵フットパスコース」という案内板のある分岐路に出くわします。
貝殻の道は、「宗谷丘陵フットパスコース」の行程の一つでもありますので、案内板の指示通り、これを左に進んでいきます。
後は分岐路はありませんので、道なりにどんどん進んでいきましょう。

shiroikaigaranomichi20
意外と急勾配な上り坂が続きますが、10分に満たない程度上っていくと、白い貝殻の道の入口に差し掛かります。

shiroikaigaraonmichi21
shiroikaigaranomichi22
境目がはっきりしていますので、早い段階で「お、あれだな」と気づける事かと思います。

 

shiroikaigaranomichi23
ちなみに、この白い貝殻の道は、宗谷岬から続く「宗谷丘陵フットパス」という全行程11kmのウォーキングコースの最終行程でもあります。
本来のコースであれば、宗谷岬から宗谷丘陵を渡り歩いて、この白い貝殻の道を抜けてこの宗谷公園前に辿り着く、という内容です。

車でこのフットパスに挑戦する場合、この宗谷公園前で車を止めて、まずは「宗谷」バス停より「宗谷岬」までバス移動し、フットパスコースを踏破してこの宗谷公園まで戻ってくる、といったルートとなっている模様。

時間と体力があるならば是非とも挑戦してみたいもの。

緑色の案内板が要所要所に立てられていますので、迷う事なくコースを勧めていく事が出来るでしょう。

※ただし、通行可能期間は、6月上旬~11月下旬となっています。(積雪状況によって期間が前後する場合あり)
◆問い合わせ先◆
 ・稚内市観光交流課 ℡:0162-23-6486
 ・(一社)稚内観光協会 ℡:0162-24-1216

 

・「宗谷丘陵フットパス」の詳細については、こちらを参照ください。
『稚内フットパス/宗谷丘陵コース』

 

shiroikaigaranomichi24
shiroikaigaranomichi25
ちなみに、先ほど伝えた分岐路の右側を進んでいくと、「宗谷公園」が左手側に見えてきます。
トイレはここにしかありませんので、貝殻の道に行く前にここで済ませておきましょう。

shiroikaigaranomichi26
宗谷厳島神社」に併設された公園となっています。
これはこれでまたなかなか良い雰囲気の公園。

shiroikaigaranomichi27
この公園の前に駐車スペースがありますので、車で訪れてフットパスコースなど挑戦してみたい方は、こちらに止めておくと良いでしょう。

 

shiroikaigaranomichi28

 

 


  リンク

『稚内フットパス/宗谷丘陵コース』
『一般財団法人稚内観光協会/宗谷丘陵(北海道遺産)』

『宗谷バス株式会社』
『天北宗谷岬線バス時刻表』 PDFファイル

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ ←クリックしていただけると大きな励みになります

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。