青春18きっぷで行く下関・鹿児島への旅3 ~2日目・毘沙ノ鼻、関門トンネル⇒鹿児島へ~

⇐前のページに戻る

3.門司港駅から鹿児島中央駅へ

 

青春18きっぷ3日目33
束の間の門司港ではありましたが、これより鹿児島中央へと向かうべく、スタート地点である門司港駅へ。
この門司港駅は外観がレトロで雰囲気も非常に良さそうではありましたが、現在は大規模保存修理工事中であったのが残念なところ。
どうやら平成30年3月までの工事予定と、先はまだ長いようです。

 

青春18きっぷ3日目34
14:51発の荒尾行きの快速電車に乗り込みます。
もう少しだけゆっくりしても良かったかもしれませんが、この14:51の電車に乗れば、鹿児島中央までの乗り換え回数は全部で4回と少なめで済みます。
最初の乗り換え駅である鳥栖まで約2時間。
九州縦断の旅の始まりです。

 

青春18きっぷ3日目35
16:50、鳥栖に到着。
ホームは変更となりますが、この駅での乗り換え時間は10分。
怒涛の乗り換えであった東海道、山陽本線に比べると、鹿児島本線の乗り換えは人もさほど多くなく、ゆとりを持った行動ができる為、まるで天国のようです(?)。

青春18きっぷ3日目36
17:00、鳥栖を出発。
次の乗り換え駅の八代(やつしろ)までは2時間21分と、これまた長時間の移動となります。
飲み物や軽食が欲しい場合は、鳥栖駅にて購入しておいた方が無難。
しかし、JR九州車両の座席は小洒落ていて個人的には結構好きです。

 

青春18きっぷ3日目37

青春18きっぷ3日目38

19:21、八代に到着。
ここで乗り換えとなりますが、ここから川内(せんだい)駅までの区間は「肥薩おれんじ鉄道」という第三セクター路線となっています。
この区間は青春18きっぷが使えない為、八代~川内の運賃¥2,620が別途必要になります。
ちなみに、青春18きっぷ使用者のみが購入できる「おれんじ18フリーきっぷ」(¥2,060)という、おれんじ鉄道区間内が文字通り乗り降り自由となる切符が、青春18きっぷの利用期間に合わせて販売されていますが、発売駅が限定されている事、駅の営業時間が遅くまでやっていない事など、注意が必要となります。
八代駅でもこの「おれんじ18フリーきっぷ」は発売されていますが、私の場合、19:21という営業時間外に到着している為、残念ながら購入は叶わす。
地方でのワンマン列車と同じように整理券を乗車時に受け取って、先へと進んでいきます。

青春18きっぷ3日目39
19:28に八代を出発。次の乗り換え駅である出水(いずみ)まで1時間33分。
ここから夜間の移動となり、車窓からの景色もほぼ真っ黒になりますので、移動は退屈に感じてしまうようになります。

 

青春18きっぷ3日目40
20:01、出水駅に到着。
列車を下りる際、運転手さんに整理券を見せると、乗り換え証明書と引き換えてくれますので、これを持って先に進んでいきます。
次の川内(せんだい)行きの列車は21:30発なので、30分弱の待ち時間が発生する事に。
しかし、辺りを散策しようにもすでに夜中で暗く、店らしい店も見当たらないので、アイスの自販機で適当にアイスを購入し、ちょっとだけ腹を満たしながら時間を潰す。

青春18きっぷ3日目41
5分前くらいになると、川内行きの列車がホームに到着しますので、これに乗って出発を待ちます。

 

青春18きっぷ3日目42
21:30、川内に向けて列車は出発。
川内までの所要時間は、1時間3分。
昼間であれば、進行方向右手の方に東シナ海を望む事ができますが、真っ暗で全然分からない状態。

 

青春18きっぷ3日目43

青春18きっぷ3日目44

22:33、川内に到着。
川内から先は再びJR鹿児島本線となります。
肥薩おれんじ鉄道区間の運賃¥2,620を運転手さんに支払い、鹿児島中央行きの電車に乗り込みます。
これが最後の乗換駅。鹿児島中央までもう一息です。

 

青春18きっぷ3日目45
22:38、川内を出発。
電車に揺られる事およそ50分。ついに鹿児島中央駅に到着。
青春18きっぷ3日目46
小牧からの総移動距離、実に1,150kmほど。
普通列車のみでよくここまで来たもんだ。

とりあえずは腹が減っていたので、ホテルに向かう途中で遅い晩飯をとることに。
といっても、鹿児島中央駅に着いた時間は23:29。この時間だと居酒屋かラーメン屋くらいしか開いていません。

青春18きっぷ3日目47

青春18きっぷ3日目48

という事で、駅前バス乗り場の北側にある『豚とろラーメン中央駅前店』にてラーメンをいただく。
前回訪れた時もこの『豚とろラーメン』に行ったものの(前は天文館本店の方)、このとろけるような豚肉入りの濃厚な豚骨ラーメンがたまらない。

 

青春18きっぷ3日目49
そして、この鹿児島での宿泊先である「ホテル法華クラブ鹿児島」へ。
部屋はそこまで広くはありませんが、小奇麗な内装で大浴場も完備されており、寝泊まりだけなら快適そのもの。
1泊¥5,300。ここで2泊するので、トータルで¥10,600。
しかし、私の場合このホテルは「Yahoo!ビジネストラベル」で予約し、さらに貯まっていたポイント¥5000分を利用したので、2泊で¥5,600と安く抑える事ができました。

 

これで、今回の“青春18きっぷで行く下関・鹿児島の旅”での最も濃密だった2日目の行程は終了。
3日目は本土最南端の地「佐多岬」を目指します。

 

————————————————–
2日目の旅費

 

下関 ⇒JR⇒ 梅ヶ峠:(通常¥320)※青春18きっぷ使用

吉母港 ⇒北浦線バス⇒ 下関駅:¥790

下関駅 ⇒路線バス⇒ 御裳川:¥220

関門海峡めかり ⇒門司港レトロ観光線⇒ 九州鉄道記念館:¥300

門司港 ⇒JR⇒ 八代:(通常¥3,990)※青春18きっぷ使用

八代 ⇒肥薩おれんじ鉄道⇒ 川内(せんだい):¥2,620

川内 ⇒JR⇒ 鹿児島中央:(通常¥940)※青春18きっぷ使用

ホテル:ホテル法華クラブ鹿児島 ¥5,600(※2泊分、ポイント¥5000分使用)

 

合計:¥9,530

—————————————————

 


   リンク

『毘沙ノ鼻|山口ちゃんねる』

『門司港レトロ観光列車 トロッコ【潮風号】/北九州銀行レトロライン』
『肥薩おれんじ鉄道』

『ホテル法華クラブ』

『海峡カフェ かんもん号』
『キッチンポレポレ』

 

 

 ←クリックしていただけると大きな励みになります

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。