長崎鼻 ~西大山駅隣接店のレンタサイクルで駆け回る~

前回の記事、西大山駅の続き。

■『西大山駅 ~JR日本最南端の駅~』
JR最南端の駅「西大山駅」に着いたはいいが、次の列車までの待ち時間はどうすれば良いのか?という悩みの大きな解決手段の一つとして、駅隣接店の「中園久太郎商店直売所内」でレンタサイクルを借りるという手があります。

 

 

『JR西大山駅/いぶすき観光ネット』

 

レンタル料は2時間以内で500円、4時間以内で1,000円、それ以上で1,500円と比較的リーズナブルです。
※ただし、営業時間内が8:00~17:00となっており、17:00までには返却しなければりません。

自転車を借りると散策MAPも貰えますので、この地図情報を元にあちこちと駆け回ってみるのも良いでしょう。

自転車は電動アシスト付きですので、坂道もそれほど苦にはなりません。

ちなみに、私がこの西大山駅に着いた時間は14:17頃。次の鹿児島中央行きは16:56。
待ち時間は2時間40分弱。
とりあえず、私は一つ目の目的地「長崎鼻」を目指すべく、レンタサイクルを走らせる。

 

西大山駅から自転車で大体30分前後といったところでしょうか。長崎鼻パーキングガーデンが見えてきます。
そこからお土産ショップや飲食店がずらりと並ぶ坂道をさらに下っていくと、薩摩半島の南端「長崎鼻」が見えてきます。

中にはこんな立て札を置いてる店も。
といっても、別に店は休んでいるような感じではなかったし、「ナニコレ珍百景」に登録決定と書いてあるので、ただの宣伝代わりなのかもしれない。


開聞岳と東シナ海の荒波の風景もなかなか格別です。

ところで何で「長崎鼻」という名称なんだろうと調べてみると、「IBUSUKING」というサイトにて“「鼻」と付く地名は名の如く、岬の基部が末広がりになる三角形状の地形であることが多い”“鼻と名の付く岬は全国の至る地方で見られるが(特に九州で多い)、その中で最も有名な岬”と説明されています。
ちなみに、ウィキペディアにもまんまな説明がされていますが、[要出展]と指摘されている通り、その根拠は一説の枠を超えていないような感じです。

そして、この長崎鼻は浦島太郎伝説でも有名で、岬のすぐ北側には竜宮神社もあります。


浦島太郎像もあり。
この像を男性は左から二回、女性は右から二回まわって海亀をなでると、願いを成就してくれるというご利益があるとか。
私も一瞬やってみようかと思ったりしましたが、カップルが1,2何組かやってるのを見て、お一人様な私はそっとそこを後にすることに。

長崎鼻の灯台。
そこから見渡す長崎鼻の先端と海原。
辺りは火山岩で形成されている事もあってか、なかなかにダイナミックです。

 

ここで次の目的地、「ヘルシーランド露天風呂・たまて箱温泉」を目指す。
「長崎鼻パーキングガーデン」や「フラワーパークかごしま」も気になってはいましたが、この温泉が最も気になっていたので行ってみる事に。
とはいえ、長崎鼻からたまて箱温泉は結構距離があります。ちょっと早めに移動して40分弱といったところ。
駅に戻る労力等を考えると、自転車でたまて箱温泉はあまりおススメはいたしません。それでも私は行きたかったので、行きましたが。

結構急ぎ目で移動したので、写真を撮る事をすっかり忘れてしまいましたが、たまて箱温泉、かなりおススメできます。
特に開聞岳側だと海と開聞岳を一望しながら露天風呂に浸かる事ができて、最高です。

しかも、入浴だけなら大人一人510円と、これまた非常にリーズナブル。言う事なしです。
※露天風呂は開聞岳側と竹山側に分かれていまして、開聞岳側は奇数日は女性、偶数日は男性とそれぞれ入れ替わりになるようです。

 ※画像は「本物。の旅かごしま」より拝借。

 

このコースでだいたい2時間20分程度。(ちょっと急ぎ目の移動)
レンタサイクルでこんなコースを選択する人はそうそういないでしょうな。どうせならゆっくり楽しんでいきたいところでしょうし。
とは言え参考までに。
最初は待ち時間を持て余すかと思ってましたが、案外あっという間に過ぎてしまうもんです。
むしろ2時間40分じゃ足りないくらいです。
列車の本数が少ないせいで辿り着きにくい駅とされる西大山駅ですが、案外楽しみ方はいろいろとあるものです。
後は雨が降らない事を祈るばかりか。


リンク
■『いぶすき総合観光サイト/JR西大山駅』
■『中園久太郎商店直売所内』
■『本物。の旅かごしま/長崎鼻』

■『ヘルシーランド』公式サイト
■『本物。の旅かごしま/ヘルシーランド・露天風呂「たまて箱温泉」』

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。