西大山駅 ~JR日本最南端の駅~

西大山駅。
JR九州の指宿枕崎(いぶすきまくらざき)線の駅で、かつては日本最南端の駅でしたが、2003年、沖縄にモノレールが開業したため、現在は陥落。
しかし、JR等の普通鉄道に限って言えば、今なお日本最南端の駅です。

ホームの端には「日本最南端の駅」という標柱が建てられていますが、現在は頭にJRのロゴが追加されて「JR日本最南端の駅」となっています。


一時は「本土最南端の駅」とされていたようですが、「沖縄は本土じゃないのか」というクレームがあってから「JR」に変更されたそうな。
(ちなみに、「本土」の定義にも色々あるようで、本州、北海道、四国、九州、沖縄本島の5つをまとめて本土とするものと、沖縄本島を含まない(離島に属する)4つを本土とするもの等)

駅舎もなくホームだけがポツンと佇んでいるような駅ですが、周辺の景色は非常に素晴らしいです。
駅の向こうには開聞岳(かいもんだけ)が見えますが、この質素な駅と絶妙にマッチしていてなかなかに良い感じです。
夕日が差し出してくる頃など、本当に見惚れるばかりの光景となります。

駅のすぐ隣には「中園久太郎商店直売所内」という観光案内所を兼ねた店舗もあり、そこでお土産や絵葉書等を購入することができます。
また、「JR最南端の駅到達証明」を購入する事も可能。

しかし、『枕崎にて①』の記事内でも言及した通り、この指宿枕崎線は列車の本数があまりにも少ないです。
一度ホームに降りてしまえば、次の列車まで3~4時間待ちなんて当たり前な状況となっています。
“駅”であるのに列車ではなかなか行き辛い場所という事もあって、この西大山駅も“秘境駅”の一つとしてカウントされる事もあるそうな。
(でもそんな事言ったら山川駅~枕崎駅間の駅は全部秘境駅にカウントされるような…)
時間によってはこの駅で2分ほど停車するので、その間にちゃちゃっとホームに降りて記念撮影とかもできはするでしょうが、2分なんてあっという間です。
じっくりと駅周辺の景色も楽しむにはあまりにも時間が足りなさ過ぎます。

駅近くには薩摩半島最南端の岬「長崎鼻」という観光名所がありますので、車でついでに寄るという人も多いでしょうが、やはりどうせならこういった最南端の駅というのは列車で辿り着いてみたいもの。

しかし、列車で来たはいいが、駅周辺には隣接の店舗があるだけで、それ以外は田んぼが広がるばかり。
こんな場所で3時間とか4時間とかも時間を潰せるのかというと…実は簡単に解消できる方法があります。
それは「中園久太郎商店直売所内」でレンタサイクルを借りる事。

という事で、次回は私がこの西大山駅の待ち時間内でレンタサイクルで行動した内容について少しまとめてみようかと思います。

『長崎鼻 ~西大山駅隣接店のレンタサイクルで駆け回る~』

 

■いぶすき総合観光サイト・JR西大山駅
■中園久太郎商店

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。