鳥取砂丘 ~夕暮れ時の神秘的な光景がお勧めの砂丘~


鳥取砂丘01
鳥取砂丘

鳥取県を代表する観光スポットの定番。

鳥取砂丘02
鳥取砂丘の規模の大きさは、国内において第2位。
意外にも1位ではありません。
(ちなみに第1位は青森県の猿ヶ森砂丘。なぜあまり知られていないかというと、砂丘の大部分が防衛装備庁の下北試験場(弾道試験場)の敷地になっているため、一般の観光客は通常立ち入る事ができないから)
よく「日本最大の砂丘」という風に紹介される場合がありますが、正確には「一般観光客が立ち入る事ができる砂丘としては日本最大」といったところか。

鳥取砂丘03
とはいえ、実際に立ち寄ってみると、かなりの広さです。

鳥取砂丘04

鳥取砂丘05

部分的に見てみると、砂漠に迷い込んでしまったかのよう。

鳥取砂丘06
鳥取砂丘07
ラクダに乗る事もできるので、実際に砂漠に来たような感覚を味わえる事かと思います。
他にもパラグライダー体験ができたりと、鳥取砂丘ならではの楽しみ方も様々です。

鳥取砂丘08

鳥取砂丘09

砂丘の入り口からすぐ奥の方に、最も高い丘(通称:馬の背)がありますが、そこから見渡す日本海と砂丘の景色はなかなか見ものです。

鳥取砂丘10

鳥取砂丘11

鳥取砂丘12

鳥取砂丘13

写真では分かり辛いですが、結構な高さです。
しかもかなりの急斜面。
もし足を滑らせたりしたら、砂まみれになりながら下まで転げ落ちる事必至。

鳥取砂丘15

鳥取砂丘16

鳥取砂丘17

鳥取砂丘18
砂丘の奥の方には、日本海の荒れ狂う波が打ち寄せる雄大な景色を楽しむことができます。

鳥取砂丘19

鳥取砂丘20

鳥取砂丘21

鳥取砂丘22
砂丘の西側のずっと奥の方には、工業地帯が見えます。
こうして見ると、退廃した未来都市のように思えてきて面白い。

鳥取砂丘23

鳥取砂丘24

鳥取砂丘25

鳥取砂丘26

運が良いと、風紋を見ることができますが、非常に多くの観光客が訪れるので、なかなかその機会は訪れません。
部分的に見ることはできますが、それでもかなり砂丘の奥の方に進んでいかないと見られないかもしれません。
強風が吹き荒れた翌日の早朝ならチャンスはあるかも……。

鳥取砂丘27
砂丘から見る夕景もまた神秘的。

鳥取砂丘28

鳥取砂丘29

鳥取砂丘30

鳥取砂丘31

この鳥取砂丘、昼間よりもむしろこの夕暮れ時がお勧めかもしれません。
見渡す限りの赤い丘。
鳥取砂丘32
日本とは思えないような光景が広がります。
火星もこんな風に見えるのだろうか、などと思ったりしたんですが、実際はどうなんだろう。

鳥取砂丘33

鳥取砂丘34

この鳥取砂丘を歩き回る時ですが、靴下と靴はなるべく履かない事をお勧めします
草履かサンダルに履き替えるか、或いは裸足で歩き回るのが良いでしょう。
場所によっては膝下ぐらいまで沈む箇所がありますので、簡単に靴の中が砂だらけになってしまいます。
砂粒もかなり細かいので、一度砂が靴に大量に入り込むと、落とすのに結構苦労します。
場合によっては、数日間は砂に悩まされる事になり得るかもしれません。

鳥取砂丘35

鳥取砂丘へのアクセス

鳥取砂丘は、鳥取市内の中心地から結構離れた場所にある為、マイカーやレンタカー以外ではバスを利用するのがお勧め。
鳥取駅前のバス乗り場から鳥取砂丘行きのバスが出ています。
「砂丘線」がその名の通り、鳥取砂丘(終点)まで行きますので、これを利用するのが最も簡単でしょう。
駅から砂丘までは約20分。
運賃は片道¥370です。
土、日、祝日、夏休みのみ運行している「ループ麒麟獅子号」なら、一律¥300で利用できます。◆『砂丘線』時刻表 ※PDFファイル
『ループ麒麟獅子号』時刻表 ※PDFファイル
何れも「鳥取砂丘(砂丘会館)」にて下車します。


ただし、最終のバスの時間が思ったよりも早いので、帰りの時間には十分に気をつける必要があります。

「砂丘線」の「鳥取砂丘(砂丘会館)」から「鳥取駅」行きの最終便は18:30であり、「ループ麒麟獅子号」だと最終便は17:13とかなり早めです。しかし、「鳥取砂丘(砂丘会館)」から10分ほど歩きますが、「砂丘東口」バス停ですと、鳥取駅前行き(「岩美・岩井線」)の最終は19:27となっています。
日没までゆっくりしておきたい、という方はこちらを利用すると良いでしょう。

『岩美・岩井線』 時刻表 ※PDFファイル

鳥取砂丘36


  リンク

『とっとり砂丘王国』
『とっとり旅の生情報/鳥取砂丘』

『日本交通株式会社(バス)』

 ←クリックしていただけると大きな励みになります

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。