高山市での食事 ~飛騨牛カレー、肉玉焼きそば、朴葉味噌(ほおばみそ)~

takayama-shokuji06

久々の食事ネタです。
高山祭や桜をお伝えしたついでに、今回は高山市内でのグルメについて、まとめてみようと思います。
といっても3種類しかありませんが、高山市へ訪れる予定の方の参考になっていただけると、幸いです。


飛騨牛カレー

 

takayama-shokuji01
ステーキ肉等を始めとした、上質の飛騨牛を提供する、高山市の天狗総本店
その本格飛騨牛をふんだんに使用したビーフカレーを、総本店のすぐ隣に位置する「飛騨牛カレーハウス」で楽しむことができます。

飛騨牛をもっと気軽に楽しんでいただきたいとの思いから誕生した、飛騨牛ビーフカレーの専門店です。

飛騨牛ビーフカレー単品で¥1,600、サラダ、コーヒー付で¥2,100と、やはり値はそれなりに張ります。

しかし、名前に恥じない、飛騨牛のみで真っ向から勝負をしかけたカレーとなっており、肉も贅沢に大きく切り分けられています。
その大きさの割には、肉質が非常に柔らかく、じっくり煮込まれているのがよく分かります。
カレールーも肉の旨みがしっかりと溶け込んでおり、シンプルな割りにコクがあり、これだけでも大満足な出来栄えとなっています。

これらを考えると、単品で¥1,600は相応というもの。
ちょっとトッピングを追加すると、軽く¥1,000を超えてしまうココイチと比べると、安いとすら思えてしまうかもしれません。

カレー好きなら、一度は味わっていただきたい逸品です。

takayama-shokuji02

 

 


「ちとせ」の肉玉子焼きそば

 

takayama-shokuji03
高山市といえば高山ラーメンなどが有名ではありますが、地元民のソウルフードに「ちとせの肉玉」があります。

高山駅のすぐ北側の、高山駅北交差点のすぐ東側(国分寺通り沿い)に位置する、「ちとせ」という食事処。
オレンジの看板が特徴的ですので、すぐに目に付くのも嬉しいところ。
中高生から年配の方まで、実に幅広い層に支持される、地元民にも非常に人気の高い店となっています。

のれんにもあるように、何よりもここでは「焼きそば」が有名です。
特に人気なのが「肉玉子焼きそば (通称:肉玉)」。

この目玉焼き、黄身が半熟となっていますので、箸で割ったときに、焼きそばにトロッと馴染んでいくのが嬉しい存在となっています。

ソースも思ったよりマイルドで、刻み紅しょうがの酸味が、絶妙なアクセントとなります。
これに目玉焼きが絡むとなると、もう言う事はありません。

並でも思った以上にボリュームがあり、値段も¥570と、非常にリーズナブル。大盛りにしてもたったの¥40追加ですみます。
さらに、¥140追加でご飯と味噌汁がついてくる定食にする事も可能。
大喰らいの方でも満足でしょう。

高山ラーメンといった高山名物もしっかりとありますが、まずはだまって「肉玉(肉玉子焼きそば)」を注文すべし。

takayama-shoku04

 

 


朴葉味噌(ほおばみそ)

 

takayama-shoku05
高山市の名物料理の一つ、「朴葉味噌(ほおばみそ)」。
ホオノキという、モクレン科の木の葉に、薬味や山菜などをからめた味噌を載せて焼いたもの。
(朴葉餅(ほおばもち)なら知っている方も多いと思いますが、その餅を包む葉を使った味噌料理です)

結構濃厚な味噌で、ご飯に載せて食べると、非常に美味いです。

沖縄の「油味噌」を知ってる方は、それと似たようなものと思っていただけると、イメージしやすいかもしれません(こんな風に焼いたりしないけど)。

飛騨牛の上に載せて焼くパターンの朴葉味噌もありますが、これもまた格別です。
高山市内のホテルの朝食でもよく出されますので、飛騨高山地方に行く機会のある方は、是非ともお試しいただきたい料理です。

 


   リンク

『飛騨高山 天狗総本店』
『飛騨牛カレーハウス』

『焼きそば・中華 ちとせ』

『朴葉みそネット』

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ ←クリックしていただけると大きな励みになります

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。